会社のメリット

 「会社という制度ができた理由」を見ていくことで、
みなさんの「会社をつくろうとした理由」を明確にしていきましょう。

1.資金調達を有利にするため

2.様々な人の力を結集するため

3.事業の永続性を確保するため

(1)資金調達を有利にするため

資金を集めるという点だけを考えれば、必ずしも会社をつくる必要はないかもしれません。

資金を集める側からすれば、資金は出してもらっても事業そのものには口を出してもらいたくないという思いがあります。

しかし、資金を出すほうとすれば、事業がうまくいったら利益の配当を受けるのは当然だと思うでしょう。

会社には、このような両者のニーズを満足させるための機能があり、それを「所有と経営の分離」「有限責任」といわれるものです。

また、会社は法律によって適正な計算書類を作成する義務を負いますし、
一定の範囲で会社の資金を自由に使用することが制限されています。

このような点から、会社は個人と比較すると信用度が高く、
金融機関などからの借入れに際して有利
になるというメリットがあるのです。
 

(2)様々な人の力を結集するため

どんなに優秀な人でも1人の力には限界があります
事業を起こす際の資金一つとっても、限界があります。
良いアイディアを持っていても、資金がなくては事業化を断念せざるを得ないときもあります。
また、それは社会的にみても大きな損失になります。

そこで、会社のメリットとして、個人では不可能なことも、複数の人の力を結集することで可能にすることができるのです。

会社とは、金銭面のみならず、異なる才能や技量を持っている人々を結びつけて、より大きな力にすることを可能にします。

 (3)事業の永続性を確保するため

個人事業を行っている場合に、経営者が亡くなると、通常はその事業まで終了してしまいます。

経営者がいる場合もありますが、そのような場合でも事業に使用していた財産が亡くなった
経営者個人の名義であれば、相続税の対象となり、税金を納めるために処分せざるを
得なくなります。

そうなると、事業を続けることができなくなるか事業に支障をきたすというおそれがあります。
そこで、事業の永続性を確保する為に「個人」と「事業」とを分離
するしくみとして生み出されたものが、
会社なのです。
 

会社設立について


ここでは、会社設立に関する基礎知識を記載します。

会社設立を行うメリットですとか、
起業をするにあたっての「起業の流れ」も記載していますので、
どうぞご覧下さい。

会社設立についての詳細はこちら

matusima-egao0001.png 会社のメリット

起業の流れ

起業時の資金調達

電子定款(安さの理由)

会社経営と個人事業の違い

会社の登記

印鑑について

 

その他のコンテンツはこちら

zu010001.png

 

bana010003.png

bana020002.png

bana030001.png

bana040004.png


bana050001.png